日本行政書士政治連盟

日政連とは

日本行政書士政治連盟は、個々の思想信条や政治理念ではなく、行政書士制度の充実発展のためにだけある存在であり、その結果は、等しく個々の行政書士に降り注ぐものであることを、先達が我々のために残した苦難の歴史の中から学び取り、新しきを知る糧としたいものです。行政書士制度の充実発展に協力する道は、行政書士であるあなたの目の前に常に開かれています。

  1. ホーム>
  2. 日政連とは

目的

日本行政書士政治連盟は、日本行政書士会連合会と連携して行政書士の社会的、経済的地位の向上を目指し、制度の充実、発展と行政書士の権益の擁護を図り、行政の円滑な推進に寄与するとともに、国民の福祉に貢献するために必要な政治活動を行うことを目的としています。

必要性

日政連は、全会員の力を結集し組織力を強大化すること、行政書士法改正に向けその活性化及び活動を図り、より必要な法改正を実現し、資格者としての地位向上を図ることこそ重要であります。また、行政書士にとって不利益である法制定の立法化を阻止することこそ必要欠くことのできないものであります。

現在、日政連の手によって「行政書士制度推進議員連盟」等の名称を冠し、民主党、国民新党、自民党、公明党に行政書士制度を推進するための組織が作られていますが、法改正ともなれば、議員連盟を通じて衆参法制局、各党の部会・政策審議会に上げ、対立する他業界の議員連盟と調整・了承を取り付け、その後、衆参両院の委員会審議を経て本会議に上程となる長い道のりと、その間における膨大な時間と圧倒的な運動量が必要であります。

役割

行政書士法は、議員立法です。内閣法のように、国が法案を優先的に取り上げてはくれません。行政書士法改正は、全党一致が必要であるため、時により一部の反対に合うこともあります。山積された法案の中から、行政書士法改正案を優先的に取り上げて、提案していただくための活動が絶対必要です。

日政連は、行政書士制度に理解のある政党、国会議員、行政書士制度推進議員連盟と協議、陳情等の対策を行い、各省庁に理解を求め法改正を実現しています。